ニュース
» 2015年01月07日 18時11分 UPDATE

「新宿ダンジョン」3DS版発売 “リアルダンジョン”新宿駅を冒険、アクション要素も

実際の新宿駅の構造を再現したスマートフォン向けダンジョンRPG「新宿ダンジョン」3DS版の配信がスタートした。

[ITmedia]
画像

 実際の新宿駅の構造を完全に再現したスマートフォン向けダンジョンRPG「新宿ダンジョン」のニンテンドー3DS版の配信が1月7日、ニンテンドーeショップでスタートした。600円(税込)。

 新宿ダンジョンは、沖縄在住のゲーム開発者・上原さんが運営するUeharaLaboが開発したスマートフォン向けゲーム。新宿にある複数の駅の構造を完全に再現しており、駅の“ダンジョンっぷり”を楽しみながら冒険できる。

 3DS版ではモンスターと戦うアクション要素を追加。下画面に地図が表示されるなど2画面を生かした操作性になっており、3D映像にも対応した。ゲームの紹介動画もYouTubeで公開。ナレーションは、人気番組「水曜どうでしょう」のディレクター・藤村忠寿氏が務めている。

 開発元のPUMOは「ぐんまのやぼう for ニンテンドー3DS」など、スマホ発のゲームの3DSへの移植を手がけている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -