ニュース
» 2015年01月08日 13時36分 UPDATE

「Google TV」は結局終了 「Android TV」に一本化へ

「2015 CES」でソニーやシャープなど多数のメーカーが「Android TV」採用を発表する中、Googleは「Google TV」の終焉をひっそり告知した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは1月7日(現地時間)、2010年に立ち上げたテレビ向けプラットフォーム「Google TV」の事実上の終了を発表した。現行のハードウェアおよびソフトウェアはサポートするが、開発者向けツールの提供は終了した。www.google.com/tv/developerはAndroid TVのページにリダイレクトされる。

 ほとんどのGoogle TV端末はAndroid TVにアップデートできないが、一部の端末は可能という。

 Google TVの立ち上げ段階ではソニーとLogitech(日本ではロジクール)が対応テレビの発売を表明し、その後SamsungやLG Electronicsも名乗りを上げたが、普及にはいたらなかった。

 tv 1 Google TVのページ

 Googleが2013年にAndroid搭載のテレビ用端末「Chromecast」を発表した際、Google TVは打ち切りになるのかという質問にGoogleは「2つの製品は共存する」と答えたが、昨年の「Google I/O」でのAndroidベースのスマートテレビサービス「Android TV」の発表後、方針が変わったようだ。「Googleはリビングルームの取り組みをAndroid TVとGoogle Castエコシステムにフォーカスする」という。

 同社は公式ブログで、「みんなが参加すれば素敵なことが起きる」というAndroidの思想を掲げ、ソニー、シャープ、Philipsなど多数のメーカーがAndroid TV搭載ハードウェアの発売を表明していることを紹介した。

 tv 2 現時点でのAndroid TV参加表明メーカー

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -