ニュース
» 2015年01月14日 15時50分 UPDATE

「Firefox 35」の安定版、ビデオチャット機能「Hello」にチャットルーム機能

Firefoxがバージョン35になり、正式版になったビデオチャット機能「Firefox Hello」にチャットルーム機能が追加された他、セキュリティ関連では3件の「最高」を含む計9件の脆弱性が修正された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Mozilla Foundationは1月13日(現地時間)、Webブラウザの安定版アップデートとなる「Firefox 35」をWindows、Mac、Linux、Android向けに公開した。

 Firefox 34でβ機能として追加されたプラグイン不要のビデオチャット機能「Firefox Hello」が正式リリースになり、ユーザーインタフェース(UI)が改善された。

 hello Helloが簡単に使えるようになった

 チャットアイコンをクリックすると表示されるウィンドウがチャットルームのような役割をする。このウィンドウの一意のリンクをチャット相手に送ったら、チャット相手が参加するまでは(米AppleのFaceTimeのように)自分の映像が表示される。チャット相手が入室するまでウィンドウを開いたまま他のWebサイトに移動したりでき、相手が入室すると、Helloアイコンが青くなり、音声でのアラートも受信する。

 Firefox Helloでのチャットには、ログイン手続きが必要なく、相手がFirefoxを利用している必要もない。



 この他、検索のUI改善、HTTP公開鍵ピニングの実装、CSSフィルタの標準での有効、応答性の改善などが施された。

 Mac版では、OS X Snow Leopard(10.6)以降であればH264(MP4)に対応した。

 Android版の主な新機能はAndroidのダウロードマネージャーのサポート。デスクトップ版と同様にHTTP公開鍵ピニングの実装、CSSフィルタの標準での有効、応答性の改善もされている。新機能についてはリリースノートに一覧がある。

 セキュリティ関連では、重要度が「最高」の3件を含む計9件の脆弱性が修正された。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -