ニュース
» 2015年01月15日 15時42分 UPDATE

Twitter、海外で初の開発者会議「flock」開催へ 東京でも

Twitterは開発者会議「flock 2015」を1月から世界17都市で開催する。昨年サンフランシスコで開いた初の開発者会議「flight」で発表したアプリ開発プラットフォーム「Fabric」の新機能について講演し、各地の開発者と交流する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは1月14日(現地時間)、東京を含む世界17都市での開発者会議「flock 2015」の開催を発表した。同社は昨年10月に本拠地のサンフランシスコで初の開発者会議「Flight」を開いたが、海外でのカンファレンスはこれが初になる。東京での開催日程はまだ「2015年春」とのみ表示されている。

 flock

 同社はまた、昨年のFlight(飛翔)で紹介したモバイルアプリ開発プラットフォーム「Fabric」のアップデートも発表した。

 flock(鳥などが群れるという意味)はまずロサンゼルスで1月22日午後6時〜9時に開催する。アジェンダによると、まず1時間の軽食の時間があり、30分でFabricの紹介、その後、Fabricを活用している開発者の講演、8時から1時間の懇親会という予定になっている。ロサンゼルスではTinderの、ラスベガスではZapposのCEOが登壇する。開発者セミナーなどではなく、flockすることが主な目的のようだ。

 さらに、初のTwitterアプリコンテスト「Hatch(孵化する、という意味)」も告知した。既に受付を始めており、6月5日に締め切り、7月にサンフランシスコで優勝者が決まる。優勝賞金は2万5000ドル(約30万円)。

 hatch

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -