ニュース
» 2015年01月20日 16時07分 UPDATE

釣り出品? 「メルカリ」でPS4の「写真」販売 「だまされた場合はキャンセルを」

フリマアプリ「メルカリ」で、PS4の「写真」と称する出品が相次いでいる。本体に見せかけて写真を高額で販売しようとする「釣り出品」の可能性もあり、ユーザーは注意が必要だ。

[岡田有花,ITmedia]

 フリマアプリ「メルカリ」で、ゲーム機「Play Station 4」(PS4)の「写真」の出品が相次いでいる。一見、PS4本体を売っているように見えるが、説明文内にさりげなく「写真です」と書かれたもので、「本体に見せかけて写真を販売し、多額の利益を得ようとする“釣り出品”では」と、ネットユーザーの間で批判が高まっている。


画像 「PS4 写真」で検索した結果。実物の本体やソフトを売っている出品がある一方で、極端に低価格で、本文に「写真です」と明記されている商品もヒットする
画像 メルカリの「ゲーム機本体」カテゴリは、ほとんどが普通の出品だが……

 PS4の「写真」とみられる出品物は、商品写真としてPS4の写真を載せ、「ゲーム機本体」などのカテゴリで1〜2万円程度で出品。説明文に「傷などなく良品です。一枚限りの写真です」「付属のコントローラー、コード全てついています。一枚限りの写真ですのでお早めに」などと書かれている。「早い者勝ち」などすぐに購入するよう煽る文言が入ったものも多い。

 メルカリはネットの話題などから事態を把握。「メルカリで実際に写真を販売している人もおり、写真の販売がすべて問題とは言えないが、ユーザーをだましたりマーケットの安全性をおとしめる行為は問題」とし、不適切な出品を削除するなど対応を進めているという。

 メルカリはエスクローを採用しており、購入者が出品者を評価するまで代金が支払われないため、“釣り”にひっかかって誤って購入してしまった場合も、受け取り評価しなければ出品者にお金は渡らない。購入したはずの商品と違う商品が届いた場合、メルカリの事務局にキャンセルを申し出れば、返金や、出品者のアカウント利用制限などの手続きを行うという。

 現物と見せかけて写真を出品し、多額の利益を得ようとする手口は「ヤフオク!」でも報告されており、昨年末には、稀少な硬貨の写真がまるで実物であるかのように出品され、高額で落札されたことが話題になっていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -