ニュース
» 2015年01月29日 12時41分 UPDATE

Amazon、Microsoft Exchange対抗の企業向けメールサービス「WorkMail」発表

Amazonが、Microsoft ExchangeやGoogle AppsのGmailのような企業向けメールサービス「Amazon WorkMail」を発表した。料金は1ユーザー当たり月額4ドル。ファイル共有/コラボレーションサービス「Amazon WorkDocs(旧Zocalo)」と併用の場合は月額6ドルになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.com傘下のAmazon Web Services(AWS)は1月28日(現地時間)、企業向けのクラウドベースのメールおよび予定表システム「Amazon WorkMail」を発表した。

 workmail 1

 一般ユーザー向けGmailのようなメールサービスではなく、米MicrosoftのExchangeと競合する、企業のIT担当者が管理できるメール&予定表システムだ。

 WorkMailのクライアントとしては、PCおよびMac版のOulook、Exchange ActiveSyncをサポートするモバイルメーラーの他、Internet Explorer(IE)9以降、Chrome、Firefox、SafariなどのWebブラウザが利用できる。

 workmail 2 Webブラウザで開いたWorkMail(メール画面)
 workmail 3 Webブラウザで開いたWorkMail(予定表画面)

 管理者は、「AWS Dirctory Service」経由で企業の既存のディレクトリをそのまま使える。受信箱はAWS上に作ることになるが、リージョンを指定できる(プレビュー段階では米国のEastか欧州のIrelandのみ選択可能)。また、AWSが培ってきた強固なセキュリティ技術に守られているという。

 30日間無料のフリートライアルでは、25人までのユーザーを登録できる。1人当たりのメール用ストレージ容量は50Gバイト。こちらから申し込める。

 WorkMailの立ち上げに伴い、昨年7月に発表したクラウド型ファイル共有/コラボレーションサービス「Amazon Zocalo」を「Amazon WorkDocs」に改称した。機能は変わらず、WorkMailや仮想デスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」との統一が目的としている。

 WorkMailの料金はユーザー1人当たり月額4ドルだ。WorkDocsと併用する場合は月額6ドルになる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -