ニュース
» 2015年01月29日 17時01分 UPDATE

明日の関東 通勤・通学の時間帯も雪

明日30日は関東は未明から雪が降りだすでしょう。都心など南部平野部も通勤通学の時間帯は広く雪となりそうです。昼頃まで雪が続き、道路で積もる所もあるでしょう。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
photo

都心など南部平野部も広く雪

 明日30日は本州の南岸を低気圧が進む予想ですが、低気圧が近づく前から関東には北東からの冷たい湿った空気が流れ込むでしょう。

 関東は未明から雪が降りだす見込みです。午前中は都心など南部の平野部も雪が続き、通勤・通学の時間帯も広く雪となるでしょう。

 明日正午までの降雪量はいずれも多い所で、箱根から多摩地方や秩父で15センチ、関東地方北部で10センチ、関東地方南部平野部で5〜8センチの予想です。都心でも3センチ程度の降雪量が予想されます。

 明日はかなり気温が低く、降雪量がそれほど多くなくても、道路で雪の積もる所があるでしょう。明日の朝は早めに起きて、状況を確認し、時間に余裕を持ってお出かけした方が良さそうです。

 足元や車の運転は路面状況の変化にご注意下さい。冬用タイヤの装備をしていなかったり、雪道の運転になれていない場合はバスなどの公共交通機関を使うことをおすすめします。

 午後も内陸部では夜にかけて雪のまま経過する所が多いでしょう。沿岸部では午後は次第に雨に変わる予想ですが、雪のまま経過するとさらに雪の量が多くなる恐れがあります。最新の情報に注意が必要です。

 最高気温は3度くらいまでしか上がらず、厳しい寒さでしょう。

★合わせてチェックしたい

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -