ニュース
» 2015年01月29日 20時02分 UPDATE

ドコモ4〜12月、営業益14.7%減 新料金プラン響くも「11月に底打ち」

ドコモの4〜12月期は「カケホーダイ&パケあえる」が利益を圧迫したが、新料金プランのマイナス影響は「11月に底を打った」という。

[岡田有花,ITmedia]
画像 加藤社長

 NTTドコモが1月29日に発表した4〜12月期連結決算(米国会計基準)は、営業利益が前年同期比14.7%減の5871億円にとどまった。新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」と、月々の携帯料金から割り引くサービス「月々サポート」が利益を圧迫。売上高は1.1%減の3兆3267億円、純利益は11.2%減の3818億円だった。

 昨年6月にスタートした新料金プランの契約者数は1月11日に1400万を突破。音声通話のヘビーユーザーが通話し放題「カケホーダイ」に移行した影響で、6〜12月の累計収支に前年同期比750億円のマイナス影響が出るなど収益を圧迫した。

 ただ、新料金プランの収支への影響は「11月に底を打ち、改善トレンドに向かっている」と加藤薫社長は説明する。

 12月には、新料金プランに移行した後に利用が増えるユーザーが約半数にまで拡大し、新料金プラン移行後の請求額もプラスに転じた。10〜12月期のARPUは5220円と全体では減少傾向が続いているものの、音声ARPUに限ると前四半期比10円増とプラスに転じた。

画像

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -