ニュース
» 2015年02月12日 11時40分 UPDATE

Twitter、VineなどSNSの人気投稿者と企業を仲介するNicheを買収 新たな収益源に

Twitterが、VineやInstagramなどの人気クリエイターに企業広告作品を投稿させる広告代理店のようなサービスを手掛けるNicheを買収する。クリエイターの中にはNicheのキャンペーンだけで生活できる人もいるという。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは2月11日(現地時間)、企業にSNSの人気投稿者による広告投稿を斡旋する米新興企業Nicheを買収することで合意に達したと発表した。

 Nicheは、2013年創業のニューヨークに拠点を置く非公開企業。Twitter傘下のVineや米Facebook傘下のInstagram、米Yahoo!のTumblrなどで人気の投稿者と企業を仲介し、企業のネイティブ広告を投稿者に作成・投稿させる、新しいタイプの広告代理店サービスを提供している。

 現在6000人以上の投稿者を擁しており、米Hewlett-Packard、米Coca-Cola、独BMWなどが利用している。以下はVineで人気のクリエイター、ザック・キング氏による「HP Pavilion x360」の広告Vineだ。

 米Business Insiderによると、人気クリエイターの中にはNicheでの1回のキャンペーンだけで2万ドル程度稼ぎ、これだけで生活できているという。昨年3月の時点で、過去半年の同社の売上高は75万ドルだった。

 MAU(月間アクティブユーザー数)の伸びが鈍化する中、NicheはTwitterの新たな収入源になるだろう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -