ニュース
» 2015年02月12日 13時20分 UPDATE

同性カップルに「パートナー証明書」、結婚に相当する関係と認定 東京・渋谷区が全国初の条例案

東京都渋谷区は、同性カップルのパートナーシップを結婚に相当する関係として認め、証明書を発行する全国初の条例案を提出する。

[ITmedia]

 東京都渋谷区は、同性カップルのパートナーシップを結婚に相当する関係として認め、証明書を発行する条例案を、4月の施行を目指して3月の区議会に提出する。成立すれば全国初の取り組みとなる。

photophoto 渋谷区の説明資料=15年度予算案概要より

 条例案は「渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例」(仮称)。「男女の別を超えて多様な個人を尊重しあう社会の実現」に向け、性的少数者の人権を尊重するよう区や区民、事業者の責務を定め、性別による役割分担意識の変革と、LGBTなど性的少数者に対する理解に取り組む施策を進める。

 パートナーシップ証明の発行は公的機関としては全国初の取り組み。現行法では同性同士の結婚を認めていないため法的拘束力はないが、区は区内の事業者に対し結婚に相当する関係として扱うよう求めていく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -