ニュース
» 2015年02月19日 19時42分 UPDATE

「階段昇降」も検知、階数に応じて地図切り替えも ドコモとゼンリン、スマホ用新屋内ナビ

スマホのモーションセンサーを利用した歩行者自律航法技術と地図情報を組み合わせた新たな屋内ナビをドコモとゼンリンが開発した。

[ITmedia]

 ゼンリンデータコムとNTTドコモは2月19日、スマートフォンのモーションセンサーを利用した歩行者自律航法技術と地図情報を組み合わせ、屋内で高精度にナビゲーションできる技術を開発したと発表した。地下街などGPS測位が困難な屋内環境や、Wi-FiやBLE(Bluetooth Low Energy)などのビーコンが設置されていない屋内でも、誤差数メートル程度精度の高いナビゲーションを実現したという。

画像

 まず地下街・駅構内合わせて全国で320カ所に対応。「ドコモ地図ナビ powered by いつもNAVI」(税別300円)の機能として4月以降に提供開始する。

 スマートフォンに搭載されているモーションセンサーで読み取ったデータを、独自に開発した解析プログラム上で処理。利用者が「直進している」「角を曲がっている」「階段を昇っている(降りている)」などの歩行状態を検知する。 検知した状態に応じ、推定する現在位置を適切な位置に補正することで、高精度なナビゲーションを行えるという。

 スマートフォンを正対させた(画面を見ている)状態のみでなく、スマートフォンを手に持って歩いた状態(腕振り)、スマートフォンをポケット、鞄に入れた状態でも、高精度な測位を実現するという。

 気圧センサーを活用することで、階段やエスカレーター、エレベーターによる昇降も検知し、フロアマップを階数に応じて自動的に切り替えるなど、屋内外やフロア間のシームレスなナビゲーションを実現するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -