ニュース
» 2015年02月25日 13時33分 UPDATE

ドコモ、最大225Mbps・LTE-Advanced「PREMIUM 4G」3月スタート

ドコモは次世代LTE「LTE-Advanced」による下り最大225Mbpsの通信サービス「PREMIUM 4G」を3月27日に開始する。

[ITmedia]

 NTTドコモは2月25日、次世代LTE「LTE-Advanced」による通信サービス「PREMIUM 4G」を3月27日に始めると発表した。通信速度は下り最大225Mbpsと、携帯電話事業者としては国内最速で、2015年度内には最大300Mbpsまで高速化する計画だ。

photo PREMIUM 4Gのロゴ
photo 対応Wi-Fiルーター「HW-02G」

 まず都内の千代田、港、渋谷、新宿、豊島の5区や札幌市、大阪市など22都道府県の都市部(27市5区6町)からスタート(詳細は同社サイトで公開)し、15年度には全国主要都市へ順次拡大する。

 端末は当初、Wi-Fiルーター2機種(2月18日発売「HW-02G」、3月発売予定「L-01G」で対応。15年度早期に対応スマートフォンを発売するなど、順次ラインアップを拡大していく。

 LTE-Advancedは現行LTEを高度化した通信方式。現在、LTEによる国内サービスの通信速度は下り最大150Mbpsが最速だが、「PREMIUM 4G」は下り最大225Mbpsに高速化する。

 電波を束ねて使うキャリアアグリゲーション(CA)による高速化に加え、通信容量を拡大する新技術「高度化C-RAN」(Centralized Radio Access Network)を導入し、通信トラフィックが集中するエリアでも安定した高速通信を提供できるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -