ニュース
» 2015年02月26日 18時41分 UPDATE

UPSのユタカ電機製作所が民事再生 営業は継続

無停電電源装置(UPS)などで知られるユタカ電機製作所が民事再生手続きの開始決定を受けた。

[ITmedia]

 帝国データバンクによると、無停電電源装置(UPS)など電源関連機器メーカー、ユタカ電機製作所が2月23日に東京地裁から民事再生手続き開始決定を受けた。負債総額は昨年3月末時点で約42億6800万円。同社によると、製品の製造・出荷に問題は生じておらず、安定的に商品供給はできるとして、営業を継続しながら再生手続きを進めるという。

 1946年創業。小型UPSなどの電源関連機器で知られ、ピーク時の2001年3月期には売上高128億円を計上。だが景気低迷でエンドユーザーの設備投資が減退したこともあり、14年3月期の売上高は55億円に落ち込んでいた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -