ニュース
» 2015年03月02日 10時35分 UPDATE

GMOインターネットが「不採用通知」2万3000人に誤送信

GMOインターネットが、不採用通知のメール2万3397件を誤送信した。採用担当者の研修中の作業ミスが原因という。

[ITmedia]

 GMOインターネットは2月27日、不採用通知のメールを誤送信したと発表した。対象は、過去に同社にエントリーしたことのある人のメールアドレス2万3397件。採用担当者の研修中の作業ミスが原因という。

 誤送信が起きたのは27日午後5時ごろ。過去に求人サイトや紹介会社を通じて同社に応募・エントリーしたことのある人のメールアドレスに、「書類選考結果のご連絡」という件名で、一斉に不採用通知が送信されたという。

 同社は「ご不快な思いをさせてしまいましたこと、心より深くお詫び申し上げます」と謝罪。手元に届いたメールは破棄するよう呼び掛けている。個人情報が流出した事実はないとしている。

 再発防止策として、研修体制の見直しや、メール配信手順・システム運用の見直し、配信対象リスト、送信内容のチェック体制の強化を行うとしている。

 同社は昨年12月、作業ミスが原因で、「お名前.com」会員向けメールマガジン16万4650件に、ほかのユーザーの名字やドメイン名などを誤って記載していたと発表している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -