ニュース
» 2015年03月03日 16時29分 UPDATE

ヤマト運輸、小さな荷物用「宅急便コンパクト」4月1日開始 594円から

ヤマト運輸は、専用ボックスで小さな荷物を配送できる対面配達サービス「宅急便コンパクト」を4月1日に始める。配送料金は地域別で、税込594円から。ボックス代65円が別途かかる。

[ITmedia]

 ヤマト運輸は3月3日、専用ボックスで小さな荷物を配送できる対面配達サービス「宅急便コンパクト」を4月1日に始めると発表した。配送料金は地域別で、594円(税込)から。ボックス代65円が別途かかる。法人向けの投函サービス「ネコポス」も同時にスタートする。

画像 宅急便コンパクト公式サイトより
画像 宅急便コンパクト料金表

 宅急便コンパクトは、法人・個人を問わずに利用でき、時間帯指定や荷物追跡など宅急便の基本サービスが適用される。宅急便に新サイズを追加するのは1994年以来21年ぶりという。

 25(縦)×20(横)×5(厚さ)センチの「専用BOX」(65円)と、24.8(縦)×34(横)センチの「専用薄型BOX」(65円)の2種類を用意し、ボックスに入るものなら重量制限なく配送できる。専用ボックスは直営店と取扱店で販売し、5枚以上の注文でオフィスや自宅に届ける。

 料金は宅急便と同様に地域別で、関東発→関東着など同一地域内が594円、北海道発→沖縄着が1188円など。個人顧客向けには、割り引きサービスとして、最大15%割引となる「クロネコメンバー割」、直営店・取扱店への持ち込みで100円割り引く「持込割」などを適用する。法人・個人事業主は数量などによって個別に料金を決める。

 発送は、セールスドライバーによる集荷と、同社直営店・取扱店から行え、順次、コンビニ店頭での取扱いも始める。

法人向け投函サービス「ネコポス」も

画像

 ネコポスは、同社と契約した通販事業者などの法人や各種団体、個人事業主向けサービス。角形A4(31.2×22.8センチ)以内、厚さ2.5センチ以内、重さ1キロ以内の荷物を郵便ポストに投函する。料金は全国一律で、数量などによって顧客ごとに決める。月間約100個を発送する顧客は200円台半ばで利用できるという。

 セールスドライバーによる集荷か同社直営店から発送でき、翌日に配達(一部地域除く)。配達と同時に、送り主が設定した届け先に投函完了メールを配信する。利用には、事前の契約と、同社の送り状発行システム(無料)の利用、専用の送り状ラベルでの発送が必要。

 同社と契約があるフリマサイトなどでは従来の宅急便に加え、宅急便コンパクトとネコポスが利用できるようになる。ネコポスは今後、フリマサイトなどとの連携を強化。送り状発行・荷物発送ができる窓口の拡大や、出品者と届け先が住所などを交換しなくても配送手配ができる仕組みなどを提供するとしている。

 同社は1月、小型の荷物を郵便受けに投函するサービス「クロネコメール便」を3月31日受け付け分で廃止すると発表。代替サービスとして法人向けには「クロネコDM便」を提供。個人向けには宅急便サービスを拡充して提供すると発表していた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -