ニュース
» 2015年03月04日 10時33分 UPDATE

「Google Chrome 41」安定版リリース 「最高」13件を含む多数の脆弱性に対処

Googleが、Webブラウザ「Chrome」のバージョン41をWindows、Mac、Linux向けに公開した。一般向けの新機能は特にないが、「最高」13件を含む51件のセキュリティ問題が修正された。また、「Chrome OS」も同じバージョンにアップデートされた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは3月3日(現地時間)、Webブラウザ安定版の最新バージョンとなる「Chrome 41」(バージョン41.0.2272.76)をWindows、Mac、Linux向けに公開した。ChromebookのOSである「Chrome OS」も同じバージョンにアップデートした。

 危険度「高」の脆弱性13件を含む51件のセキュリティ問題が修正された。

 セキュリティ関連以外の新機能は、デベロッパーツールの強化やAPIの追加など主に開発者向けで、一般ユーザー向けでは安定性と性能の向上のみ。

 Chrome OSのアップデートでは、Wi-Fi接続の安定性が向上し、Chrome Remote DesktopでのChrome OS端末へのリモート操作が可能になった。

 なお、Android版はまだアップデートされていない。Android版のバージョン41では画面の上から下へのスワイプでWebページを更新する機能が追加される見込みだ。

 Googleは同日、Android版のChromeでは、バージョン42からAndroid 4.0(コードネーム:Ice Cream Sandwich)をサポートしないと発表した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -