ニュース
» 2015年03月04日 12時00分 UPDATE

PS4で遊べる仮想現実HMD「Project Morpheus」に新型試作機 16年上半期に発売へ

PS4に接続できる仮想現実HMD「Project Morpheus」の新型試作機は、ディスプレイを液晶から有機ELに代え、120fpsの映像表示に対応した。16年上半期中の商品化を目指す。

[ITmedia]
画像

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは3月4日、プレイステーション 4(PS4)に接続できる仮想現実(VR)ヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Project Morpheus」の新型試作機を開発したと発表した。ディスプレイを液晶から有機ELに代えたほか、120fpsの映像表示に対応するなどの改良を加えた。2016年上半期中の商品化を目指し、開発を進める。

 Project Morpheusは昨年3月に発表。ゲームの仮想世界の中に入り込んでいるかのような体験を実現するHMDで、試作機をゲーム開発用に提供してきたほか、「東京ゲームショウ2014」に出展するなどしてフィードバックを得てきた。

 新型試作機のヘッドセットのディスプレイは、従来機の5インチの液晶に代わり、5.7インチ(解像度1920×1080ピクセル/左右それぞれに960×1080ピクセルの映像を表示)の有機ELディスプレイに。視野角を向上させ、映像の残像感やブレを低減させた。

 ヘッドセットに搭載するLEDは6つから9つに増やし、ユーザーの頭部の位置をさらに正確に検知。検知した頭部の動きを映像に反映するまでの遅延時間も短縮した。一本のバンドだけで頭部に固定する構造にし、より簡単に着脱可能に。部品構造の見直しと最適化を図ることで軽量化も図った。

 ゲーム開発者は、新型試作機を用いて対応タイトルの開発が可能。60fpsのゲームを120fpsで出力するためのSDKも提供するため、従来機で開発していたコンテンツも新型試作機で引き続き開発できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -