ニュース
» 2015年03月09日 11時18分 UPDATE

信書もOK 郵便局、小型荷物を180円で送れる「スマートレター」

日本郵便は、A5ファイルサイズ・1キロまでの小さな荷物を180円で全国に送れる「スマートレター」を4月3日にスタートする。「信書」も送付できるという。

[ITmedia]

 日本郵便は、A5ファイルサイズ・1キロまでの小さな荷物を送れる個人向け配達サービス「スマートレター」を4月3日にスタートする。180円の専用封筒を購入して荷物を入れ、ポストや郵便窓口から投函してもらうサービスで、「信書」も送付できる。

 ライバルのヤマト運輸は、小型の荷物を郵便受けに投函する「クロネコメール便」を3月末に廃止する予定。メール便廃止であぶれたニーズがスマートレターに集まりそうだ。

画像 スマートレター専用封筒
画像 レターパックライトとの違い

 スマートレターは、25×17センチ(A5ファイルサイズ)・厚さ2センチ・重さ1キロまでの荷物を専用封筒に入れ、切手を貼らずにポストか郵便窓口に投函すると、宛て先の郵便受けに投函するサービス。専用封筒は郵便局やコンビニエンスストアなどで180円で販売する。

 「レターパックライト」(A4ファイルサイズ・4キロまでの荷物を360円で配送)と異なり、追跡サービスは利用できないが、信書を送付できる。

 ヤマト運輸は、小型の荷物を郵便ポストに投函する「クロネコメール便」を3月末に廃止。メール便は信書を送付できないが、そうと知らずに信書を封入した顧客が罪に問われるリスクを防ぐためとしており、代替サービスとして法人向けに「DM便」「ネコポス」と、個人向け「宅急便コンパクト」の両サービスを4月にスタートする。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -