ニュース
» 2015年03月11日 12時50分 UPDATE

新iPhoneはピンクも登場? タッチ圧力感知センサー搭載の可能性も

新iPhoneに新色「ピンク」が検討されているとWall Street Journalが報道。タッチ圧力感知センサーを搭載する可能性もあるという。

[ITmedia]
photo 現行iPhoneは3色

 今年後半に登場するとみられる新iPhoneには新色として「ピンク」も検討されている──米Wall Street Journal(WSJ)が3月10日付けでこう報じた。Apple Watchが採用したタッチ圧力感知センサーを搭載する可能性もあるという。

 WSJは事情に詳しい関係者の話として香港発で伝えている。今年後半に登場するとみられる新iPhoneは、2年ごとに大幅なチェンジを行うこれまでのサイクルを維持し、現行のiPhone 6とiPhone 6 Plusから大きな変更はなく、画面サイズ(4.7インチと5.5インチ)は同じで解像度もほぼ同じになりそうだという。

 ピンクは新色として現在のカラーに追加される形だが、あくまでテスト段階という。iPhoneは当初ブラックのみだったが、iPhone 4でホワイト(シルバー)が追加され、iPhone 5sからゴールドが加わった。現行のiPhone 6はシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色。Apple Watchの高級モデル「Edition」には赤みを帯びた18金「ローズゴールド」を採用したモデルがある。

photo Apple Watch Editionのローズゴールドモデル

 タッチ圧力感知センサーはApple Watchのディスプレイと新しい12インチMacBookのタッチパッドで採用。タッチの圧力をセンサーで判断し、軽い「タップ」と深く押す「プレス」を区別することでさまざまな操作を行えるようにしている。

 Appleはさまざまな可能性をテストしているため、これらが実際に製品として採用されるかどうかは分からないという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -