ニュース
» 2015年03月12日 20時23分 UPDATE

土星の衛星に「生命が生息できる環境」見つかる 東大とJAMSTECなど、熱水環境の存在明らかに

土星の衛星エンケラドスの地下に広がる海に、地球生命が誕生した環境として有力視される「熱水噴出孔」と同様の熱水環境が存在することが分かった。「「“生きた地球外生命の発見”という自然科学における究極のゴールに迫る大きな飛躍」だ。

[ITmedia]

 土星の衛星エンケラドスの地下に広がる海に、地球生命が誕生した環境として有力視される「熱水噴出孔」と同様の熱水環境が存在することを東京大学と海洋開発研究機構(JAMSTEC)などが明らかにした。原始的な生物を育む環境が地球外の太陽系天体に現存することを初めて実証したもので、地球外生命の発見に大きく前進するとしている。

photo カッシーニが撮影したエンケラドスのプリューム。土星の潮汐力による内部摩擦や放射性物質によって生じた熱などで内部の氷が解け、南極付近の割れ目から噴出していると考えられている NASA/JPL

 成果は米航空宇宙局(NASA)、欧州宇宙機関(ESA)と共同で英科学誌「Nature」に掲載された。

 エンケラドスは直径500キロほどの氷衛星。内部には液体の海が広がり、氷の割れ目を通じ水が宇宙に噴き出している(プリューム)。

 土星探査機「カッシーニ」は、プリュームの中を通過してその成分を分析。また、土星周回中にシリカ(二酸化ケイ素)に富むナノメートルサイズの粒子「ナノシリカ」粒子をとらえていた。ナノシリカ粒子は岩石成分が熱水に溶け、その熱水が急冷することでできる。地球ではありふれているが、宇宙ではまれな物質だ。ナノシリカ粒子はエンケラドスの軌道周辺で見つかっていたことも分かった。

 日本の研究グループは、プリュームの成分と、初期太陽系に広く存在していたかんらん石や輝石の粉末を使った熱水反応実験でエンケラドスの環境をシミュレーションした。その結果、ナノシリカ粒子の生成には90度以上の熱水環境が必要な上、その大きさから宇宙に放出されるまでに長くても数年程度しかかかっていないことが分かった。つまりエンケラドスの地下海には、地球の熱水噴出孔に似た環境が今も存在することになる。

photo 明らかになったエンケラドスの内部。海底に広範囲に熱水環境があると考えられている NASA/JPL

 地球最初の生命がどこで誕生したのかは長く議論が続いているが、現在は海底で見つかる熱水噴出孔が本命視されている。エンケラドスには水と有機物、エネルギーという生命の3大要素が現存することになり、「“生きた地球外生命の発見”という自然科学における究極のゴールに迫る大きな飛躍」だとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -