ニュース
» 2015年03月14日 07時54分 UPDATE

YouTube、360度パノラマ動画をサポート Androidアプリなら端末の動きで視野変更可能

YouTubeに、リコーのTHETAなどで撮影した360度パノラマ動画をアップロードできるようになった。Androidアプリでの再生では、端末の動きに合わせてアングルが変わる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Google傘下のYouTubeは3月13日(現地時間)、360度パノラマ動画をサポートしたと発表した。デスクトップ版ChromeブラウザおよびAndroid版公式アプリで動画のアングルを360度変えながら視聴できる。

 iOSやその他の端末も間もなくサポートするという。“その他の端末”にOculus RiftなどのVR HMDが含まれるかどうかは不明だ。

 Chromeブラウザでは左上の操作パネルまたは画面上のドラッグで、Androidアプリでは端末を動かすことでアングルを変えられる。Android端末を「Google Cardboard」に設置すれば、もっと没入感がありそうだ。

 youtube Chromeブラウザでは左上の矢印あるいは画面のドラッグで向きを変えられる

 アップロードできるのは、今のところコダックの「SP360」、リコーの「THETA」、Giropticの「360cam」、IC Real Techの「Allie」で撮影した360度動画。今後サポートする機種は増えていく見込みだ。

 youtube 2 左から、SP360とTHETA

 アップロードするには表示の最適化やメタデータの追加などが必要。アップロードの日本語による手順開設はこちらを参照されたい。

 現在サポートするフレームレートは24、25、30fps。YouTubeは下に転載した動画の他、幾つかの360度動画を集めた再生リストを公開している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -