ニュース
» 2015年03月26日 06時30分 UPDATE

Facebook、メッセンジャーアプリ開発プラットフォームとビジネス向けカスタマーサポート機能を発表

Facebookが、メッセンジャー統合アプリを開発できる「Messenger Platform」と、オンラインショップなどがメッセンジャーで顧客に商品配送状況などを連絡できる「Businesses on Messenger」を発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは3月25日(現地時間)、開発者会議「F8」で、「メッセンジャー」関連の2つの発表を行った。メッセンジャー向けアプリを開発・提供するための「Messenger Platform」と、メッセンジャーでのカスタマーサポートを可能にする「Businesses on Messenger」だ。

 同社はメッセンジャーの月間アクティブユーザー数を6億人と発表した(昨年11月の時点では5億人だった)。

Messenger Platform

 Messenger Platformにより、サードパーティーアプリの開発者はメッセンジャー専用アプリ(iOS/Android)を開発できるようになった。発表の段階で、Facebookと協力する40以上のアプリメーカーの“for Messenger”アプリが、米AppleのApp Storeと米GoogleのGoogle Playで公開されている。

 platform 1 Messenger Platformのアプリには右下にメッセンジャーのロゴが付いている

 ユーザーはこれらのアプリをインストールすることで、メッセンジャーのチャットにGIFアニメや自分で作ったオリジナルのスタンプ、コラージュ写真、動画、音声などを投稿できる。

 インストールしたアプリをメッセンジャーで使うと、相手がまだそのアプリをインストールしていない場合はメッセージ内に「Install」ボタンが表示され、これをタップするとアプリストアに誘導される。

 platform 2 相手のメッセージに表示される「Install」をタップするとアプリインストール画面に誘導される

 自分も使っているアプリを使ったメッセージには「Reply」ボタンがついており、これをタップすると自分からも同じアプリを使ったメッセージを作成・投稿できる。

 platform 3

 開発者はこちらからメッセンジャー用アプリ開発を開始できる。

Businesses on Messenger

 Businesses on Messengerは、企業がメッセンジャーをカスタマーサポートに使える様にするサービス。例えばオンラインショップは受注ページにメッセンジャーでのサポートを希望するかどうかのオプションを追加しておくことで、受注品の配送状況などの情報をメッセンジャーで送ったり、顧客からのリクエストをメッセンジャー上で受けられるようになる。

 business

 Businesses on Messengerはまだプレビューの段階。詳細はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -