ニュース
» 2015年03月26日 11時10分 UPDATE

Facebook、IoT(モノのインターネット)向けSDKをリリース

Facebookが2013年に買収したBaaSサービスのParseが、IoTハードウェアでParseを利用できるようにするSDKを公開した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebook傘下のParseは3月25日(現地時間)、モバイルアプリ開発のためのBaaS(サービスとしてのバックエンド)「Parse」のIoT(モノのインターネット)向けSDKを公開した。GitHubからダウンロードできる。

 Parseは2013年4月にFacebookが買収した。これまでにiOS、Android、Windows 8、Windows Phone 8、OS X、JavaScript向けSDKを提供しており、顧客はParseのクラウドをモバイル向けサービスやアプリのバックエンドとして利用できる。

 parse Chamberlainのガレージオープナー

 IoT向けSDKにより、スマートホーム製品やフィットネス端末などでもParseをプッシュ通知やデータ保存などに利用できるようになる。

 ガレージのドアをリモートで開閉する端末を販売するChamberlainやスニーカーに装着するランニングトラッカー端末のMilestone SportsなどがParseを採用しているという。

 このSDKは、まずはArduino Yunをサポートし、今後Arduino Zeroなどサポート対象を拡大していく。

 arduino Arduino Yun

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -