ニュース
» 2015年03月30日 13時57分 UPDATE

「タコベル」1号店、渋谷に4月21日オープン

メキシカンファーストフード「Taco Bell」(タコベル)の日本再進出1号店が4月21日、東京・渋谷の道玄坂にオープンする。

[ITmedia]

 メキシカンファーストフード「Taco Bell」(タコベル)の日本再進出1号店が4月21日、東京・渋谷にオープンする。

 「牛角」のエリアフランチャイズ運営や「とりでん」などを手がける外食企業のアスラポート・ダイニングが米Taco Bellと国内フランチャイズ契約を結んで展開する。

photo
photo

 1号店の場所は東京都渋谷区道玄坂2-25-14で、店舗面積は約320平方メートル、104席。営業時間は午前10時〜午後11時、無休。

 トウモロコシの粉や小麦粉を焼いたトルティーヤに肉やレタス、チェダーチーズなどの具材を入れたタコス、肉、サルサ、ライスと野菜をトルティーヤで巻いたブリトーなど定番に加え、「ケサディーヤ」「クランチラップ」などのほか、日本限定メニューとして「シュリンプ&アボカドブリトー」「タコライス」がメニューに加わる。いずれもオーダーを受けてから仕上げ、好みの具材を選べる楽しさもあるという。

photophoto

 日本には1980年代に出店しているが、すぐに撤退しており、今回は再出店となる。Taco Bellは世界的ブランド確立に向けて海外出店を強化しており、「若々しく、都会的」な内装の新コンセプトの店舗で日本に再進出する。オープンキッチンスタイルで、調理の様子や原材料が客から見えるようになっているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -