ニュース
» 2015年03月31日 16時20分 UPDATE

DNAでできた極小「ナノロボット」作成に成功 独大学

DNAを使い、ナノサイズの“ロボット”を作成することにミュンヘン工科大学のチームが成功した。

[ITmedia]
photo DNAナノロボット。プログラム通りに、ロボットが腕を動かしているかのように自ら組み立てられていく H. Dietz / TUM

 DNAを使い、ナノサイズの“ロボット”を作成することに成功したと独ミュンヘン工科大学のチームが発表した。プログラミングのように作成することができ、動くことも可能な実用的なナノマシンの開発に貢献できるとしている。

 「DNAナノロボット」は100ナノメートル超程度の極小サイズ。設計に従い、ロボットが腕を動かしているかのように自ら組み立てられていくようになっている。

 DNAを使ってナノレベルの構造体を作る技術は、日本の折り紙になぞらえて「DNA origami」と呼ばれる。「子どもがレゴブロックを組み立てるように」、DNAをナノデバイス組み立てのためのプログラム可能な素材として扱えるようにしたツールキットの開発がポイントで、DNAの塩基の強い結びつきと、比較的弱い別の結びつきを組み合わせることで可能になっているという。

photo 自らを組み立てるDNAナノロボットのイメージ C. Hohmann / NIM

 成果は米科学誌「Science」に3月27日付けで掲載された。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -