ニュース
» 2015年04月01日 07時28分 UPDATE

Microsoft、Atom搭載「Surface 3」を499ドルで発売へ

Microsoftが、Windows 10にアップデートできる安価なSurfaceタブレット「Surface 3」を発表した(日本での発売は未発表)。プロセッサはARMベースではなく、Intel Atom x7で、価格はSurface Pro 3より300ドル安い499ドルから。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは3月31日(現地時間)、Windowsタブレット「Surface」シリーズの新モデル「Surface 3」を発表した。26の国と地域(日本は含まれない)で同日予約を開始し、5月5日に出荷する。価格は、Wi-Fiモデルが「Surface Pro 3」の799ドルより300ドル安い499ドルから。LTEサポートモデルも発売の見込みだ。

 surface 1 Surface 3

 Microsoftはこれまで、ARMベースの価格が手ごろなタブレット(旧「Surface RT」)の名称を「Surface」、「Surface 2」としてきたが、「Surface 3」のプロセッサは米IntelのAtom x7。ARMベースのSurfaceはWindows 10にアップデートできないと発表しており、今後はエントリーモデルもAtomベースにしていくようだ。Surface 3はWindows 8.1搭載で、今夏公開予定のWindows 10にアップデートできる。

 surface 3

 ディスプレイサイズは従来のどのSurfaceとも異なる10.8インチ(1920×1280)なので、既存のSurfaceシリーズのタイプカバーを流用することはできない(キーボードとしては使えるがカバーにはならない)。

 重さは622グラムで厚さは8.7ミリ。ストレージ/メモリは64Gバイト/2Gバイトのモデルと、128Gバイト/4Gバイトの2種類ある。後者の価格は599ドル。パッケージにはタイプカバーやスタイラスは含まれていない。

 専用タイプカバーは5色あり、価格は129.99ドル。Surface Pen(スタイラス)は4色あり、49.99ドル。こちらはSurface Pro 3でも使える。

 surface 2 タイプカバー
「Surface 3」の主な仕様
機種名 Surface 3
OS Windows 8.1(Windows 10にアップデート可能)
ディスプレイ 10.8インチ Super AMOLED(1920×1280)
CPU Intel Atom x7(1.6GHzクアッドコア)
RAM 2Gバイト/4Gバイト
ストレージ 64Gバイト/128Gバイト
外部メモリ microSD
メインカメラ 800万画素
インカメラ 350万画素
サイズ 267×187×8.7ミリ
重さ 622グラム
バッテリー持続時間 10時間
ネットワーク Wi-Fi、LTEモデルあり
ポート フルサイズのUSB 3.0、Mini DisplayPort、Micro USB、ヘッドセット、カバー
シルバーのみ(別売のタイプカバーとスタイラスは数色)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -