ニュース
» 2015年04月01日 10時47分 UPDATE

100ドル以下のスティック型Chrome OS端末「Chromebit」 ASUSが年内発売

ASUSが、テレビやディスプレイのHDMIポートに接続することでChrome OS搭載PCとして使えるガジェット「Chromebit」を年内に100ドル以下で発売する。また、Googleが149ドルの中国製Chromebookも発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 台湾ASUSTeK Computer(以下ASUS)は3月31日(現地時間)、ディスプレイやテレビのHDMIポートに挿すことでChrome OS搭載PCとして使える端末「Chromebit」を発表した。年内に100ドル以下で発売する計画だ。

 chromebit

 サイズは明記されていないが、スニッカーズのようなスナックバーより小さいという。プロセッサは中国Rockchip製の4コアで、Wi-FiとBluetooth 4.0をサポートする。ポートはディスプレイなどに接続するためのHDMIポート、充電用のMicro USBポート、キーボードなどを接続できるフルサイズのUSBポートがある。

 ASUSはまた、折りたたむことでタブレットとして使うこともできる「Chromebook Flip」と、11.6インチディスプレイの「Chromebook C201」も発表した。いずれもプロセッサはChromebitと同じRockchip製4コアで、メモリは2あるいは4Gバイト、ストレージ(eMMC)は16Gバイト。

 Chromebook Flipはディスプレイは10.1インチでタッチ対応になっており、360度開くとタブレットとして使える。価格は249ドルからで、6月に発売の予定。

 chromebook 1 Chromebook Flip

 Chromebook C201のディスプレイはタッチ対応ではなく、バッテリー持続時間は13時間。5月に米Amazon.comで発売する。価格は169ドルから。

 chromebook 2 Chromebook C201

 米Googleは同日、中国のメーカー、HaierとHisenseのChromebookも発表した。それぞれの価格は149ドル。

 chromebook 3 Haier Chromebook 11
 chromebook 4 Hisense Chromebook

 ChromebookはWindows PCよりも安価にGoogleの一連のアプリやサービスを利用できることから、教育機関での採用が増えている。米調査会社IDCの調査によると、Chromebookの米教育市場向け出荷台数は昨年第3四半期に米AppleのiPadを抜いた

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -