ニュース
» 2015年04月02日 11時31分 UPDATE

モバイル版MS-DOSや鋭すぎるGALAXY Edgeなど、海外エイプリルフールネタをご紹介

時差の関係で1日遅れになるが、海外エイプリルフールネタを厳選してご紹介する。Microsoftのモバイル版MS-DOSは実際にLumiaシリーズにインストールして使える。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 日本と10時間以上の時差がある米国では今がエイプリルフール本番。昨日ご紹介した米GoogleのGoogleマップのパックマン鏡状態のcom.googleに続けて、海外のエイプリルフールネタを厳選してご紹介する。

モバイル版MS-DOS(Microsoft)

 米Microsoftの入魂のネタは、実際にWindows Phone StoreからダウンロードしてLumiaなどの端末にインストールできる「MS-DOS Mobile」。表示されるコマンドプロンプトから、dirやdateなどのなつかしいコマンドを入力して操作できる。

 fool 1 MS-DOS Mobile

鋭すぎて包丁としても使える「GALAXY Blade Edge」(Samsung Electronics)

 韓国Samsung Electronicsは、「GALAXY Note Edge」や「GALAXY S6 Edge」の画面の側面をカーブさせるコンセプトの延長で、左側面を調理用ナイフとして使えるようにシャープにしたスマートフォン「GALAXY Blade Edge」を発表した。

 fool 2 GALAXY Blade Edge

 キッチンで使うので当然防水仕様で、ナイフの柄の部分を折りたたんで収納すれば普通のスマートフォンとしても使える。機能は「GALAXY S6」と同等。凶器として使われないよう、人間の血を検知するセンサーがついており、検知すると警察に通報する機能も搭載する。

 fool 3

HTCの究極のウェアラブルはスマートフォン?

 最近フィットネスバンドやHMDなどのウェアラブル端末を発表している台湾HTCは、フィットネスガジェット「RE Sok」と「HTC One(M8)」を腕に装着するためのグローブ「HTC GLUUV」を発表した。

 RE Sokは、トラッキング機能付き靴下。とはいえ、走行距離や心拍数のデータを記録するのではなく、SMSのプッシュ通知(足なのでとても見づらい)機能や、靴下の片方が見つからない時に見つける機能などを搭載する。

 fool 4 RE Sok

 HTC GLUUVは、スマートフォンと連係させたスマートウォッチを腕に巻くくらいなら、いっそスマートフォンを直接腕に装着しようという提案。手の甲に付いているガジェットは8720メガピクセルのカメラとのこと。

 fool 5 HTC GLUUV

自分撮り棒ネタ(Motorola Mobility)

 セルフィー(自分撮り)棒のネタも多いが、その中から中国Lenovo傘下のMotorola Mobilityの「moto SelfieStick」の動画をご紹介。気難しそうな職人風の男性が何かを手作りする動画に「自分撮り棒はただの周辺機器ではない。あなた自身を表現するものだ」というナレーションが流れ、最後に完成したセルフィー棒で職人さんが満足そうに撮影する。

 fool 6 moto selfiestick

 Motorolaが米国で販売しているスマートフォン「Moto X」の黒檀バックカバーモデルに似合いそうな自分撮り棒だ。


Amazon Dash Buttonはネタではありません

 ちなみに、日本の4月1日に米Amazon.comが発表した「Amazon Dash Button」はネタではなく、プライム会員向けのIoTサービス。日用雑貨のストックの近くにボタンガジェットを設置し、在庫が少なくなったときにプッシュするだけでAmazonに発注できるというものだ。

 fool 7

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -