ニュース
» 2015年04月06日 16時17分 UPDATE

コーエーテクモが上方修正 「ゼルダ無双」など好調、統合後最高業績に

コーエーテクモホールディングスの前期は統合後最高業績に。「ゼルダ無双」などが好調で、独自ツールの活用などコスト低減も実った。

[ITmedia]

 コーエーテクモホールディングスは4月6日、2015年3月期の連結営業利益が従来予想から13億円増の93億円になる見通しだと発表した。「ゼルダ無双」が世界100万本を超えるなど好調で、旧コーエー・テクモの統合後最高業績になる見通しだ。

 「戦国無双4-II」などが順調だったほか、開発を担当した「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」も好調。一部新作の発売・サービス開始時期を4月以降に延期したものの、ダウンロード販売など利益率の高い売り上げの増加と独自ツールの活用、費用対効果を徹底したマーケティング展開などコスト削減が奏功。円安・株高で金融収支も大幅に向上した。

 修正後予想は、売上高は前回予想から4億円減の376億円、経常利益は22億円増の132億円、最終損益は23億円増の93億円を見込む。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -