ニュース
» 2015年04月06日 18時37分 UPDATE

東京メトロが作った野菜「とうきょうサラダ」発売 東西線高架下・植物工場で栽培

東京メトロ東西線高架下の植物工場で育った野菜「とうきょうサラダ」が販売される。

[ITmedia]

 東京メトロとメトロ開発は4月6日、植物工場で栽培した野菜を「とうきょうサラダ」ブランドで販売すると発表した。農薬や土、虫が付着しておらず、袋を開けたら洗わずにそのまま食べられるという。

photo

 東西線・西葛西〜葛西間の高架下に設けた完全人工光型の植物工場で今年1月から栽培をスタート。特定の品種について安定栽培が可能になり、安全性も確認できたとして、当面は東西線沿線の飲食店を中心に販売する。

 栽培品種はフリルレタスやサンチュ、ロメインレタス、ベビーリーフなどの葉もの。えぐみやあくが少ないので食べやすく、季節や天候の影響を受けずに安定供給が可能なのも特徴という。

photo 栽培する野菜の例

 ブランド名は「すぐに食べられる安心・安全な野菜を、東京で忙しく働く様々な人々に東京メトロがお届けするという意味を込めた」という。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -