ニュース
» 2015年04月07日 20時03分 UPDATE

ソニー、イメージセンサー生産能力を増強 投資総額1500億円に

ソニーが積層型CMOSイメージセンサーの生産能力をさらに増強。旺盛なスマートデバイス向け需要に対応する。

[ITmedia]

 ソニーは4月7日、積層型CMOSイメージセンサーの生産能力を増強すると発表した。長崎県と山形県の拠点に約450億円を追加投資し、現在の約6万枚から総生産能力を来年9月末時点で月産約8万7000枚(300ミリウエハー換算)に引き上げる。

 生産子会社ソニーセミコンダクタの長崎テクノロジーセンター(諫早市)に約240億円、山形テクノロジーセンター(山形県鶴岡市)に約210億円を投じる。

 2月には、1050億円を投資して来年6月末時点で月産8万枚まで増強する計画を明らかにしていた。旺盛なスマートデバイス向け需要に対応し、追加投資でさらに生産能力を引き上げる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -