ニュース
» 2015年04月09日 07時13分 UPDATE

Facebook、メッセンジャーの単体Webアプリ「Messenger.com」立ち上げ

Facebookが、デスクトップのWebブラウザで使えるメッセンジャーの単体Webアプリを立ち上げた。3月に発表したメッセンジャーのプラットフォーム化の一環だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは4月8日(現地時間)、チャット機能「Facebookメッセンジャー」専用のWebサイト「Messenger.com」を立ち上げた。メッセンジャーのモバイルアプリと同様に、デスクトップでもFacebookを開かずにメッセンジャーだけを使える。

 messenger 1

 Facebookのアカウントでログインすると、モバイルアプリ版のFacebookメッセンジャーと同じようなユーザーインタフェースのページが開く。

 messenger 2 Messenger.comのページ

 左側に友だちリストが、中央にメッセージのやりとりが、右側にやりとりをしている相手のプロフィールが表示される(ウィンドウの横幅をせばめると右カラムは消える)。

 モバイルアプリやFacebook本体(Facebook.com)でできることはほとんどできる。

 Facebookのニュースフィードはあまり見ないがメッセンジャーは頻繁に使うというようなユーザーにとっては便利だろう。

 Facebookは2011年にモバイルアプリ版の単体メッセンジャーアプリをリリースし、2014年10月に公式Facebookアプリからメッセンジャー機能を削除し、モバイルでのメッセージングは単体アプリでのみ行えるようにした。デスクトップでのFacebookメッセンジャーの利用は、現在はまだFacebook本体でも可能だ。

 Facebookは声明文で、「(Messenger.comに)ログインすれば、デスクトップでのメッセージング体験にダイレクトに入り込み、(Facebook本体やモバイルアプリで)中断した会話を続けることができる」と語った。

 同社は3月の開発者会議「F8」で、メッセンジャーをプラットフォーム化する方針を発表している。Messenger.comの立ち上げは、その一環とみることができる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -