ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2015年04月10日 16時55分 UPDATE

読書データ解析「ブクログ インサイト」、本作りに活用したい出版社向けに

「ブクログ」内の読者レビューやユーザーデータを閲覧できる出版社向けツール「ブクログ インサイト」の提供を始めた。

[ITmedia]

 GMOペパボ子会社のブクログは4月10日、ブックレビューサイト「ブクログ」の読書統計データを利用できる出版社向けサービス「ブクログ インサイト」の提供を始めた。

photo

 ユーザー数約80万の「ブクログ」は、書籍やCD/DVDの感想を書き込み共有するコミュニティー。約6300万アイテム、680万超のレビューが登録されており、レビュー部分はこれまでも書籍のプロモーションに活用された実績がある。

 「ブクログ インサイト」は、企画立案や販促などマーケティングにも生かせるよう、ユーザーデータも合わせて提供。新刊書店を対象としたPOSデータと違い、古書店や図書館の本も含めた読書記録が集計されているのが特徴で、読者レビューや作品の登録数、評価平均などの基本データに加え、ユーザーの年代や性別、十津府県、読書状況などをグラフで確認できる。「20代前半の女性に人気」などの読者属性分析や、予約期間中の関心の広がりなどが分かる。

 興味はあるが購入していない潜在読者(作品を「読みたい」と登録しているユーザー)に向け、ダイレクトに訴求するメール配信メニューも用意する。

 今後、特定の属性のユーザーに共通して読まれている本の抽出、読書傾向分析など、さらに詳細な情報提供を予定する。出版社だけでなく、書店や小売店でも活用できる機能を追加していくという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.