ニュース
» 2015年04月15日 08時08分 UPDATE

Apple、WWDCへの自撮り棒持ち込みを禁止

Appleが、年次開発者会議「WWDC15」の公式ページで、セルフィースティック(自撮り棒)の持ち込みを禁止した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは6月8日(現地時間)から開催する年次開発者会議「WWDC15」の参加者に、会場への「セルフィースティック(自撮り棒)」の持ち込みを禁じた。14日に公開した年次開発者会議「WWDC15」の公式サイトの注意事項全般のページに「セルフィースティックやそれに類する一脚を(会場である)モスコーニセンターあるいはイェルバ・ブエナ・ガーデンズ内で使うことを禁じる」と明記されている。

 selfie 1

 自撮り棒とは、金属棒の先端にスマートフォンやデジタルカメラを取り付けて撮影するための棒で、主にフレーム内に自分を入れて撮影する目的で使われることからこの名称で呼ばれているが、高い位置から撮影が可能なので、例えば基調講演やデモのステージの撮影に使われて他の参加者の迷惑になりそうだ。

 Appleはもともと、WWDCでの録音や録画、プロ用の(高機能の)カメラやビデオカメラによる写真撮影を禁じているが、iPhoneなどのスマートフォンでの撮影は認めている。

 iPhoneで使える自撮り棒は多数販売されているが、Apple Storeでは扱っていない。

 selfie 2 Amazon.co.jpで販売されている自撮り棒

 自撮り棒については、米スミソニアン協会や日本でも東京ディズニーランドなどが禁止している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -