ニュース
» 2015年04月15日 13時32分 UPDATE

東芝の“人間らしい”女性型ロボ「地平アイこ」、三越本店で“受付嬢”に

東芝の“人間らしい”コミュニケーションロボット「地平アイこ」が、日本橋三越本店に受付譲として登場する。

[ITmedia]
画像 地平アイこ

 東芝の“人間らしい”コミュニケーションロボット「地平アイこ」が、日本橋三越本店(東京都中央区)に受付譲として登場する。4月20、21日に本館1階室町口受付に現れ、食品フロアの情報や館内のイベント情報を話すという。

 地平アイ子は身長165センチ相当の女性(の上半身)を再現したヒューマノイドロボット。新開発の動作アルゴリズムによって43カ所の駆動装置で手や腕が滑らかに動き、まばたきなどをする表情も人間らしい。東芝は地平アイこを、受付窓口や展示会案内、福祉・ヘルスケア分野などで活用する考えだ。

 三越本店では4月22日〜5月5日にかけ、遊びを通して未来の生活や未来の百貨店を体験できるイベント「未来を遊ぶ with Toshiba」(本館7階「Hajimarino cafe」内)を開催。地平アイ子はこのイベントに先駆けて登場する。

 「未来を遊ぶ with Toshiba」は、江戸時代にタイムスリップしたかのような展示会場で、最新技術の展示やワークショップを家族で体験できるイベント。三越伊勢丹が所蔵する、「現金掛け値なし」で繁盛した三井越後屋を描いた歌川豊春の浮世絵「駿河町越後屋呉服店大浮絵」を素材として活用し、約300年前の江戸時代の賑わいを感じられるデジタルサイネージなどを出展する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -