ニュース
» 2015年04月23日 09時34分 UPDATE

Facebook、42%増収も投資かさみ減益 モバイルが広告収入の7割超に

Facebookの1〜3月期の決算は売上高は42%増だが5億ドルの設備投資が響き純利益は20%減だった。電話会見では、Oculus Riftの年内出荷の可能性は低いことが明らかになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookが4月22日(現地時間)に発表した2015年第1四半期(1〜3月)の決算は、売上高は過去最高だった前期を下回るが前年同期比42%増の35億4300万ドル、純利益は5億200万ドルの設備投資が響き、20%減の5億1200万ドル(1株当たり18セント)だった。非GAAPベースの純利益は28%増の15億8900万ドル(1株当たり42セント)だった。

 revenue 売上高推移

 売上高はアナリスト予測の35億6000万ドルを下回ったが、非GAAPベースの純利益は40セントという予測を上回った。

 非GAAPベースの営業利益率は5ポイント減の52%だった。

 日間アクティブユーザー数(DAU)は17%増の9億3600万人、月間アクティブユーザー数(MAU)は13%増の14億4000万人、モバイルからのDAUは31%増の7億9800万人、モバイルからのMAUは24%増の12億5000万人だった。モバイル端末からだけアクセスするユーザーのMAUは7%増の5億8100万人だった。

 mau 地域別月間アクティブユーザー数推移

 モバイルでの広告売上高が広告売上高全体の約73%を占めた。

 決算発表後の電話会見の質疑応答では以下のような回答があった。

  • FacebookメッセンジャーによるVoIP通話は世界のVoIP通話の10%を占める
  • WhatsAppをメッセンジャーに統合する計画はない
  • ページオーナーに不利になるアルゴリズム変更についての質問には、マーク・ザッカーバーグCEOが「Facebookの目標はユーザーに最良のコンテンツを提供することだ」と答えた
  • Oculus Riftの一般向け出荷については明確な答えはなく、年内に大量に出荷する予定はないとした
  • 動画関連では、当面は長いコンテンツをFacebook上で提供する予定はないという

 ザッカーバーグCEOは会見後、自身のFacebookでユーザー数などをまとめて以下の画像を投稿した。

 stat

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -