ニュース
» 2015年04月24日 10時02分 UPDATE

Amazon、決算発表でAWSの事業規模を初開示──昨年の総売上高は52億ドル

Amazonの1〜3月期の決算は、15%の増収だが赤字転落だった。AWSの売上高と純利益を初めて発表し、同事業は50億ドル規模で、急成長しているとした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.comは4月23日(現地時間)、第1四半期(1〜3月)の決算発表で、Amazon Web Services(AWS)の9年前の立ち上げ以来初めて、単体の売上高と純利益を開示した。

 同四半期のAWSの売上高は前年同期比49%増の15億7000万ドルで、純利益は8%増の2億6500万ドルだった。

 ジェフ・ベゾスCEOは発表文で、「AWSは50億ドル規模の事業であり、急成長中だ」と語った。

 aws AWSのトップページ

 米Microsoftは同日の決算発表で、同社のAzureやOffice 365などを含むクラウド事業の規模を63億ドルとしている。

 Amazonの同四半期の売上高は15%増の227億1700万ドル、純損失は5700万ドル(1株当たり12セント)と、黒字だった前期からまた赤字に転落した。

 売上高はアナリスト予測(224億ドル)をやや上回り、1株当たり純損失は予測通りだった。

 第2四半期(4〜6月期)の見通しは、売上高を前年同期比7〜18%増の206億〜228億ドル、営業利益(損益)をマイナス5億〜プラス5000万ドルと予測した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -