ニュース
» 2015年04月28日 17時41分 UPDATE

SIMロック解除、「6カ月間NG」の理由は「不正転売対策」 ドコモ加藤社長

ドコモのSIMロック解除は“半年縛り”を設けたが、これは端末の不正転売を防ぐためと加藤社長は説明する。

[岡田有花,ITmedia]
画像 ドコモが22日に発表した、SIMロック解除手続きのニュースリリースより

 5月にSIMロック解除の義務付けが始まるのに伴い、NTTドコモが示したSIMロック解除手続きに、「機種購入日から6カ月間はSIMロックを解除できない」とするルールが盛り込まれている。同社の加藤薫社長は4月28日、6カ月間の解除制限期間を設けた理由について、「一部のユーザーが不正に入手して他社に転売するのケースが散見される」ためと説明した。

 ドコモは他社に先駆けてSIMロック解除に対応してきており、年間の解除数は11〜12万程度という。特に、海外旅行中にドコモ端末を現地のSIMカードで使いたいユーザーからのニーズが大きいと加藤社長は説明する。

 一方で「非常に少ないポーションかもしれないが、一部のユーザーが不正に端末を入手し、他社に転売するケースが散見されている」という。SIMロック解除義務化に伴い、「悪意のある行為をある程度防止したいという観点から」6カ月間の解除制限期間を設けたという。

 端末入手から半年間SIMロック解除できないと、海外で現地のSIMカードで利用したいユーザーの利便性は低下する。加藤社長は海外で利用したいユーザー向けの対応について「悩ましいところではあるが、少し考えさせていただこうと思う」と話した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -