ニュース
» 2015年04月30日 05時05分 UPDATE

Microsoftの新Webブラウザ(コードネーム:Spartan)の名称は「Edge」に

「Project Spartan」と呼ばれていた「Windows 10」の標準Webブラウザの正式名称は「Microsoft Edge」になった。「消費と創造の接線(エッジ)」にあるブラウザだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは4月29日(現地時間)、年次開発者会議「Build 2015」において、これまで「Project Spartan」というコードネームで紹介してきた新Webブラウザの正式名称を「Microsoft Edge」にしたことを発表した。

 Microsoft Edge(以下「Edge」)は、同社の「Internet Explorer(IE)」の後継で、次期OS「Windows 10」の標準Webブラウザになる。IEは企業など、レガシーなWebアプリをサポートする必要のあるユーザーのために当面提供を継続するが、一般ユーザー向けのメインブラウザはEdgeで、すべてのWindows 10搭載端末(PC、タブレット、スマートフォンなど)にプリインストールされる。(なお、基調講演ではWindows 10正式版のリリース時期は発表されなかった。)

 MicrosoftのOperating System部門コーポレートバイスプレジデントのジョー・ベルフィオーレ氏は基調講演で、Edge(エッジ、刃物などの刃、接線、端、鋭さ、などの意)という名前は「消費と創造の接線にあるブラウザを表す」と説明した。公式ブログでは「モダンWeb標準とセキュリティの接線にあるブラウザ」となっている。

 Edgeのユーザー向けの特徴としては、アノテーション機能やCortanaの統合が既に紹介されている

 edge 1 Edgeのアノテーション機能

 開発者は、FirefoxやChromeブラウザ向けに作成した拡張機能を“わずかな変更で”Edge向けに提供できるという。ベルフィオーレ氏はステージで、Chrome向けのredditの拡張機能をEdgeで動かしてみせた。

 edge 2 Chrome用拡張機能をEdgeで動かす

 Build 2015の基調講演でのEdgeについてのデモは、こちらのページにある録画の2時間15分目当たりからだ。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -