ニュース
» 2015年04月30日 16時38分 UPDATE

ドコモとソフトバンクモバイル、スマホからIoT・ウェアラブル機器操作「GotAPI」普及へ業界団体

ドコモとソフトバンクモバイルが「デバイスWebAPIコンソーシアム」設立。スマホからIoT・ウェアラブル機器を一元的に操作できる「GotAPI」の普及を目指す。

[ITmedia]

 NTTドコモとソフトバンクモバイルは4月30日、スマートフォンからIoT(Internet of Things)機器やウェアラブル機器を操作するAPIの普及を目指す業界団体「デバイスWebAPIコンソーシアム」を設立した。対応機器・アプリの実用化に向けた開発支援、仕様提案などを進め、IoT・ウェアラブル機器の市場拡大につなげる。

photo GotAPIを使った機器やサービスの展開イメージ

 コンソーシアムでは、スマートフォンアプリやWebアプリから複数のIoT・ウェアラブル機器を一元操作できる「GotAPI」(Generic Open Terminal API)の普及を進める。同APIは、ドコモが開発した「デバイスコネクトWebAPI」をベースに、ドコモと米AT&Tなどが中心になってOpen Mobile Allianceで今月標準化された。

 コンソーシアムには当初、日本マイクロソフトや富士通、シャープ、セイコーエプソン、ACCESSなど携帯電話事業者やメーカーなど27社が参加。さまざまな機器やアプリでの採用を進めていく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -