ニュース
» 2015年05月07日 17時17分 UPDATE

高齢者にiPad提供、生活サポートへ 日本郵政グループとIBM、Appleが提携

日本郵政と米IBM、米Appleが提携し、日本の高齢者向けにiPadを提供して生活をサポートする新事業を行う。2020年までに国内の400〜500万人への提供を目指す。

[ITmedia]

 日本郵政と米IBM、米Appleは提携し、日本の高齢者向けにiPadを提供して生活をサポートする新事業を行うと発表した。IBMとAppleが開発した高齢者向けアプリなどをiPadに搭載。全国2万4000の郵便局ネットワークを活用し、2020年までに国内の400〜500万人への提供を目指す。

 提供するiPadは、FaceTimeやメッセージ機能、アプリなど基本機能に加え、薬を飲む時間のアラート機能や、食料・雑貨の買い物支援、地域情報サービス、就業支援など、高齢者向け機能を搭載。高齢者と自治体・地域事業者などとのバーチャル/リアルのコミュニケーションを強化する。

 日本郵政グループの担当者が高齢者の生活の様子を確認し、別の地域に住む家庭に報告する「みまもりサービス」と連携。15年度下半期から実証実験を行い、サービスを段階的に増やしながら、20年に国内400〜500万人規模への提供を目指す。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -