ニュース
» 2015年05月08日 19時03分 UPDATE

佐川急便、スマホにタッチペンの「電子サイン」で荷物受け取り可能に

佐川急便は、宅配便の受け取りの際、伝票への押印やサインの代わりに、配達員のスマホに専用タッチペンでサインしてもらう「電子サイン」を開始した。

[ITmedia]

 佐川急便は5月8日、宅配便の受け取りの際、伝票への押印やサインの代わりに、配達員のスマートフォンに専用タッチペンでサインしてもらう「電子サイン」を、一部エリアで4月から開始したと発表した。


画像
画像

 1度のサインで複数個の荷物の受け取りが可能。これまで配達翌日以降に対応していた、差し出し人への受領印データの提供は、最短5分でできるようになる。

 2017年度までに全国の配達員5万人にスマートフォンを配備する計画。新商品や新サービスの情報を画面で見てもらい、その場で提案するといったことも可能になるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -