ニュース
» 2015年05月11日 13時26分 UPDATE

ソニー、一部製品を値上げ デジカメ周辺機器など 円安の影響で

ソニーマーケティングは、国内向けに販売しているデジタルカメラ周辺機器など一部製品の出荷価格を、21日から5〜20%程度値上げする。

[ITmedia]

 ソニーマーケティングは5月11日、国内向けに販売しているデジタルカメラ周辺機器やDVD-Rなど一部製品の出荷価格を、21日から5〜20%程度値上げすると発表した。円安の影響で、製品の仕入れ価格や製造コストが上昇したため。

画像 値上げが決まったレンズスタイルカメラ「DSC-QX100」(2013年10月発売)

 発売後の販売期間が比較的長期にわたり、特に為替変動の影響を大きく受ける商品が対象。希望小売価格を設定している製品は、希望小売価格も改定する。

 対象は、ソフトキャリングケースや円偏光フィルターといったカメラ周辺機器、レンズスタイルカメラ「DSC-QX100」などデジカメ本体、DVD-RやCD-Rなど記録メディア、ポータブルラジオなどの一部。対象製品リストはWebサイトで確認できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -