ニュース
» 2015年05月13日 09時29分 UPDATE

「Firefox 38」の安定版リリース AdobeのDRM追加やルビ(ふりがな)対応

WebブラウザのFirefoxがバージョン38にアップデートされ、DRM付き動画再生を可能にするCDMをサポートした他、日本のユーザーからの要望が強かったルビの対応や、オプションのタブ化などが実施された。脆弱性の修正は「最高」5件を含む13件だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Mozilla Foundationは5月12日(現地時間)、Webブラウザの安定版アップデートとなる「Firefox 38」をWindows、Mac、Linux、Android向けに公開した。

 主な新機能は、Windows Vista以降のWindowsで、米Adobe SystemsのDRM(デジタル著作権管理)技術である「Adobe Content Decryption Module(CDM)」をサポートしたこと。これにより、ユーザーはFirefoxでDRMで保護されている動画などのコンテンツを再生できる。

 Mozillaはかつて、DRMという技術はユーザーを第一とするMozillaの思想に反するものではあるが、現状でユーザーに快適な動画再生環境を提供するにはDRMを受け入れざるを得ないと説明しており、新版でそれを実践した。

 CDMはFirefox 38へのアップデート後、Adobeから自動的にダウンロードされ、これを必要とするWebページを開くとアクティベートされる。CDMはユーザーにとってブラックボックだとし、CDMをサンドボックス化している。

 firefox 1

 この他、「オプション」がこれまでの別ウィンドウが開く形から、タブとして開く形に変わり、特に日本のユーザーからの要望が多かったというルビへの対応が追加された。

 firefox 2 従来の「オプション」の開き方
 firefox 3 Firefox 38からはオプションはタブとして開くようになった
 firefox 4 ルビの表示(Mozillaが示したサンプル)

 セキュリティ関連では、重要度「最高」の5件を含む13件の脆弱性が修正された。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -