ニュース
» 2015年05月14日 19時08分 UPDATE

ALSOKが「悪意あるドローン」対策 センサーで検知、リスク判定して対応

ALSOKが「悪意あるドローン」によるリスクを低減するサービスを開始。センサーなどを活用してドローンを監視。警備員が対策を行う。

[ITmedia]

 ALSOKは5月14日、悪意あるドローンによるリスクに備えるサービスを始めると発表した。商業ビルや大規模イベントなど広い空間や雑踏を警備するサービス「ALSOKゾーンセキュリティマネジメント」に、ドローン監視・対策を盛り込む。

画像

 音響センサー、画像センサーなどを組み合わせ、警戒領域へのドローンの侵入を検知・識別。コントロールセンターで音紋データベースとのマッチングや画像確認による機体識別などを行ってリスクを分析し、関係者・関係機関に通報する。ウェアラブルカメラなどIT機器を装備した警備員「ALSOKハイパーセキュリティガード」に対応を指示し、リスクに応じた対応を行う。

 同社は昨年10月に、空撮分野以外で国内初となるドローン利用による商用サービスとして、空からメガソーラー発電施設を見守るサービスを始めるなど、ドローン活用を進めてきた。国内でドローン落下事件が起きたり、ドローンによる盗撮や嫌がらせなど“悪玉”ドローンのリスクが議論される中、ドローン対策の新サービスを開発した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -