ニュース
» 2015年05月16日 08時44分 UPDATE

Oculus Riftのシステム要件発表──MacとLinuxは当面サポートせず、ノートPCもだめ

来年発売予定のVR HMD「Oculus Rift」の製品版を接続して快適に使うためのPCのシステム要件が発表された。高度なGPUが必要で、現行のノートPCはほぼ対応しない。また、Windows版で高品質な製品を発売することに専念するため、MacおよびLinuxのサポートを一時停止する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebook傘下のOculus VRは5月15日(現地時間)、来年発売予定のVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Oculus Rift」製品版と接続するPCのシステム要件を発表した。

 oculus 0 Oculus RiftはPCと接続して使う

 また、これまでWindows、OS X、Linuxの開発環境を提供してきたが、製品版発売段階で高品質なユーザー体験を提供できるようにするため、OS XとLinuxのサポートを“一時停止”することも発表した。いつか再開したいが具体的な予定はないという。

 快適なVR体験を確保するための推奨環境は以下の通り。

推奨最低要件
GPU NVIDIA GTX 970/AMD 290
CPU Intel Core i5-4590
RAM 8Gバイト
HDMIポート 297MHzのクロックスピードをサポートするHDMI 1.3対応ビデオ出力ポート
USBポート USB 3.0×2
OS Windows 7 SP1以降

 なお、現在市販されているほとんどのノートPCはGPUの構造上、Oculus Riftをサポートできないとしている。将来的にはモバイル向けGPUの向上により、サポートできるようになるとOculusはみている。

 Oculusは、VRグラフィックスの主な課題はレンダリングコスト、リアルタイムパフォーマンス、レイテンシであると説明する。Oculus Riftの製品版は、デュアルディスプレイ上に90Hzで2160×1200の解像度の画像を表示し、毎秒2億3300万ピクセルを消費する。そのため、1080pのレンダリングの約3倍のGPUパワーが必要という。

 oculus 1

 同社はまた、最新のWindows向けSDK(バージョン0.6.0β)のリリースも発表した。こちらからダウンロードできる。リリースノートはこちら

 Oculus Riftの詳細については、6月16日からカリフォルニア州ロサンゼルスで開催されるゲームの祭典「E3 2015」でも発表される見込みだ。

 Oculus Riftの製品版の予約受付は年内に開始の予定だ。開発者向けプロトタイプは開発キット込みで350ドルだが、製品版の販売価格はまだ発表されていない。

 oculus 2

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -