ニュース
» 2015年05月24日 07時03分 UPDATE

Apple Watchをカシオの計算機付き腕時計風にするアプリ「Geek Watch」

Apple Watchのディスプレイで、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にも登場した昔懐かしい計算機付き腕時計を再現するアプリ「Geek Watch」が120円で発売された。計算機機能とストップウォッチ機能が一応使える。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Apple Watchのディスプレイに、レトロな電卓付き腕時計を再現するアプリ「Geek Watch」を、米Awesome GeeknessがiTunes Storeでリリースした。120円。

 geek 1 ロゴがCASIOではなくGEEKIOに

 モデルになっているのは、カシオが現在も米国で販売しているデータバンクシリーズの「CA53W-1」(24.95ドル。日本では販売していない)のようだ。

 geek 2 カシオの米国オンラインストア

 データバンクシリーズは、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1985年)で主人公のマーティが愛用していたことでも有名だ。Awesome Geeknessは、マーティの時計が見えるシーンをInstagramに投稿している。


 Geek WatchのApple Watch版には計算機とストップウォッチの機能がある。計算機として使うには、ディスプレイ上の小さなキーをタップする。機能はするが、正確に目的の数字を入力するのはなかなか難しい。また、ストップウォッチはスタート/ストップでiPhoneと通信するため、「0.5秒程度のディレイがある」と説明されており、実用的ではない。

 geek 3

 若いころにカシオのデータバンクシリーズを愛用していたような50代に受けそうなアプリではある。

 geek 4 Apple Watchで表示したところ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -