ニュース
2015年06月01日 08時35分 UPDATE

Google、小型レーダーチップ採用のジェスチャーコントロール「Project Soli」のAPIを年内提供開始

GoogleのATAPチームが、レーダーで検知する空中での指先ジェスチャーで端末を操作するシステム「Project Soli」のボードとAPIを年内に開発者に提供開始すると発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは5月29日(現地時間)、年次開発者会議Google I/O 2015において、指先サイズのレーダーチップを採用するジェスチャーコントロールセンサー「Project Soli」を発表した。

 Project Soliは、昨年のGoogle I/Oで「Project Tango」や「Project Ara」を発表したAdvanced Technology & Projects(ATAP)チームのプロジェクト。

 同日発表した「Project Jacquard」(詳細記事)とともに、ウェアラブル端末の画面の小ささでユーザーインタフェース(UI)が悪くなる問題を解決するのが目的という。Soliは、例えばスマートウォッチの小さな画面を直接指でタップするのではなく、空中の架空の画面をタップしたりスワイプしたり、架空の竜頭を回すことで操作する。

 soli 1 架空の竜頭を回して時計を調整
 soli 2 メディアプレーヤーでの選曲

 ジェスチャーコントロールには、米MicrosoftのKinectやLeap Motionのようにカメラを使うものや、筋電によるものなどがあるが、Soliはレーダーチップを使う。

 同プロジェクトでは、レーダーシステムの小型化を進めており、当初デスクトップPCサイズだったシステムを10カ月で指先サイズにまで小型化したという。

 soli 3 現在のSoliチップ

 Googleは、Project SoliのボードとソフトウェアAPIを年内に開発者に提供する計画。来年にはSoliチップを搭載するAndroid Wear端末が登場するかもしれない。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -