ニュース
2015年06月04日 07時11分 UPDATE

AppleのHomeKit、外出先からの操作にはApple TVが必須

Appleのスマートホーム機能「HomeKit」対応家電を外出先から制御するには、「Apple TV」との連係が必要であることが新設のサポートページで明らかになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは6月3日(現地時間)、iOSのスマートホーム機能「HomeKit」に関するサポートページを開設した。外出先から家電を制御するには「Apple TV」が必要であることなどが説明されている。

 homekit 1 認定バッジ

 HomeKitは、iOS 8.1以降を搭載するiPhone、iPad、iPod touchで、“Works with Apple HomeKit”仕様の照明、鍵、室温調整器、各種プラグやスイッチなど(以下「アクセサリー」と表記)を制御する機能。対応する製品のパッケージには右のようなバッジが付いている。

 homekit 2 セットアップコード

 iOS端末でアクセサリーを制御するには、まずアクセサリーの専用アプリをApp Storeからダウンロードし、製品に付属するセットアップコード(右図)をアプリに入力する。

 アクセサリーは「Siri」でも制御できるが、ドアの解錠はSiriではできない。

 外出先からの制御には、第3世代以降のApple TV(ソフトウェアのバージョンは7.0以降)が必要だ。iOS端末と同じApple IDでログインしたApple TV経由でアクセサリーをリモートで制御できる。

 アクセサリーのアプリによっては、複数のアクセサリーを一度に制御するSiriのコマンドを設定できる。例えば「照明を消して」と命令することで家中の灯りを消すといったことができる。

 同社はまた、前日に発売された「Caseta Wireless」を含むHomeKit対応製品のリストページも開設した。本稿執筆現在4社の製品が掲載されている。

 homekit 3 HomeKit対応製品「Elgato Eve」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -