ニュース
2015年06月08日 05時29分 UPDATE

DARPAロボットコンテスト、優勝は韓国チーム 転倒するロボットに同情や声援

米国防高等研究計画局(DARPA)が開催した災害救助ロボットコンテスト「DARPA Robotics Challenge(DRC)」では、ロボットが転倒するたび同情の声が、タスクをクリアするたびに歓声が上がった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米国防高等研究計画局(DARPA)が6月5日(現地時間)からカリフォルニア州ポモナで開催した災害救助ロボットコンテスト「DARPA Robotics Challenge(DRC)」の決勝戦が閉幕し、優勝賞金200万ドルを獲得したのは韓国のTeam KAISTだった。

 darpa 1 車から降りるタスクをクリアしたTeam KAISTのロボット

 2013年からスタートした予選に23チームが勝ち残り、日本からは決勝戦に5チームが参戦したが、最高位はTEAM AIST-NEDOの10位だった。

 darpa 2 バルブを回すTEAM AIST-NEDOのロボット
 darpa 3

 このコンテンストは、2011年の東日本大震災を受けて企画された。危険な災害現場で人間に代わって救助活動が行えるロボットの開発を促進するのが目的だ。

 8つのタスク(自動車の運転、下車、ドアを開ける、バルブを回す、壁に穴を開ける、日替わりのタスク、がれきを越える、階段を上る)を1時間以内にこなせるかどうかを判定する。

 優勝したTeam KAISTのロボット「DRC-Hubo」は44分28秒で8つのタスクすべてをクリアし、2位の米国チームIHMC ROBOTICSを約6分引き離した。

 DARPAのプログラムマネジャーで同コンテストをまとめたギル・プラット氏は表彰式で「ロボットが転倒すると会場からは同情の声がわき、スコアを獲得すると歓声が上がった。これはDRCにとって大きな教訓だ──ロボットは人間のために技術的なタスクを実行するだけでなく、人々のつながりをも助けるのだ」と語った。

 IEEE Spectrumが公開した転倒シーン集(以下に転載)を見ると、確かに思わず応援したくなってしまう。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -